宇宙暦2.2.2

ギターや車や釣りそしてラーメン
ごちゃ混ぜブログ

<< May 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

2013.04.10 Wednesday

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています


| - | - | - | - | - |
2011.08.02 Tuesday

麺処 寺子屋@栃木県 小山市

 休日のラーメン遠征は栃木の小山まで足を延ばしてみた
気になっているお店が在ったから
麺処 寺子屋 さん
松戸のラーメン塾出身かどうかは聞きそびれてしまったが 
この名前を無造作に使っての新規開店はないと思うので 
多分、松戸のラーメン塾出身であると思う。

お店は防風林に囲まれた畑にひょっこりと現れた
新築の店舗からは店主の意気込みが感じられる
夜の部開店とほぼ同時に店に到着した









ラーメンメニューは塩系と味噌のみ
テーブル備え付けのメニューには掲載いされていないが 店内popにある
塩つけ麺 750円(麺1.5玉)をオーダーした

先に友人が注文した塩ラーメンが届く
すげ〜〜旨そう 少し羨ましくなる

続いて塩つけ麺登場





引込み思案な味玉

細麺で提供されるつけ麺である
そしてつけ汁はアッサリ目の塩
別皿で提供される薬味は大根おろしと刻み生姜である

ラーメン好きな人ならビビッと感じませんか?
無謀な組み合わせだと思うでしょう!

つけ汁に半分ほど麺を浸し 蕎麦さながらズズっと麺をすすりますと
何と豊かな麺の風味 甘ささえ感じ取れます
つけ汁も負けじと豊かな鶏と節系魚介 ひ弱さは微塵も無い
クセのある薬味もつけ汁の旨さを増す事に一役買います

但し全量投入は避けました
大根おろしを塩タレに併せてしまうとは 店主のもつ相当な技量がうかがえますネ



味変えに揚げネギ+揚げニンニクを投入しました
ここで香ばしい風味が増し麺を一気にたいらげました。

塩のつけ汁をここまで福よかな味に仕上げてくるとは
小山まで行く価値は十二分に在りますヨ

スープ割りも快く引き受けていただき 当日の3杯目も美味しく頂く事ができました
ラーメンも食べてみなくては また来ますヨ
ご馳走様でした。


2010.11.18 Thursday

竹風 那須塩原店@栃木県那須塩原市

 11/14(日)
釣り好きが集まって栃木県のみどりフィッシングエリアにて鱒釣りを敢行



いやはや楽しかったです!
魚の活性も良く ミッジドライの釣りなんかも出来ちゃいました




同行の友人には大型のヤシオマスがヒット!



そういえば最近デカイの釣ってないな

そんなこんなで昼食タイム
最近できたと言うコチラのお店へ




竹風・那須塩原店さん



つけ麺がウリのようです



器用な店主とお見受けいたしました



で、オーダーしたのが 竹風つけ麺・特盛り

つけ麺系のメニューはお品を選び盛り加減を指定する仕組みになっています




なんとゴージャスでボリューミーなつけ麺でしょう!



メンマは味付け、食感、量、全てにおいて満足の仕上がり



トロリンチョな卵黄





オーブンで焼いたのかな?
肉の芳ばしさ満点のチャーシュー
これをつけ汁に浸すと つけ汁に芳ばしさが立ちのぼります
薬味として機能するチャーシューは初めての経験です!
旨みはギュッと内包されており食感も柔らか
御見それいたしました。




特盛りは400弔反べ応えがあります



鶏メインのつけ汁
他店と違うのはガラだけではなく鶏のいろんな部位の風味を感じます
肝旨いといえば良いでしょうか?




素スープだけ飲んでも店主の技量の凄さを感じられますよ!


イヤイヤイヤ ま〜この日はよく遊ばせてもらいました
満足のいく釣果と満足のつけ麺
恐るべし 栃木!

ご馳走様でした。





2010.09.23 Thursday

虹の麺@栃木県小山市

 しょうゆラーメン 大油 700円

野木のお店を後にいたしまして 小山に向かってみました
以前から行きたかった「虹の麺」さん 因みに「ニジノイト」と読みます



栃木県にあって新潟は燕三条系のラーメンを提供しています
そう 煮干出汁に背脂をチャッチャしたスタイルのラーメンです。



中々見事な脂加減です
見た目ほどしつこくありません



コチラのお店も北海道のハルユタカなる高級小麦粉を使用
コシはあまり無いですがツルツルの食感を楽しめます。




「の」の字で撮るべきでしたネw



柔らかなチャーシュー



このラーメンには胡椒が好く合います

煮干が風味よりも旨みを出す方向で調整されています
本場の味に思いを馳せるのに充二分な実力をもっていますので
また食べに行ってしまうと思いますヨ



2010.09.22 Wednesday

阿波家@栃木県野木町

地鶏ラーメン研究会 その総本山「阿波家」さんに
裏メニューがあるらしい
裏メニューと言っても表立って販売しているがw

万人受けする常設ラーメンとお店が本当にやりたいラーメン と考えれば宜しいか?
勿論 裏メニューは後者でありましょう。


約二年ぶりの訪問


相変わらずの地鶏研らしさは堂に行った感じで!
早速 裏メニューをオーダーしてみました

「鶏骨醤油ラーメン」
チーコツ醤油 ん? チーコツ?? 中学生なら興奮してしまいそうなネーミング
いやいや ケイコツ醤油と読むべきでしょう 日本人なら!
「塩」もラインアップされていますが 今回も「醤油」を選択



丼中に泳ぐストレート細麺がなんとも旨そうではありませんか
味玉一個トッピングしてみました

スープの旨みは極濃厚
最近のラーメン業界では粘度の高いスープを濃厚と呼ぶ傾向にありますが
本来なら素材の旨みを引き出せるだけ引き出した素材の旨み満載の
こういうスープを濃厚と呼ぶべきでしょう!
粘度ではいくらでも小細工が出来ますからネ

始め鶏、続いて魚介その後鶏・鶏・鶏〜〜〜〜
鶏油も多めに浮いていますそれが甘い! そして塩分は強め

最近思うのですが意識的に塩分を強めに提供するお店はスープの旨みに絶対の自信があるんだろうな
 
調理センスが無くて、しょっぱくなってしまう一杯は勿論 論外です



これぞシコシコ
粉はハルユタカなのか? 贅沢だね!



お値段以上 煮鶏



お月見も一日早く済ませてしまいました



単なる脇役では終わらない戻しメンマ



丼は特注です ハイ

自分の行動半径に地鶏研があってよかったと
シミジミ思いましたね

ここでは取り上げませんが、先日 
酷く心を消耗する一杯と遭遇してしまい
嫌な気持ちが燻っていたのですが
新しい顔に挿げ変ったアンパンマンのように
一気にリセット&リフレッシュ

皆様もどうぞ御足を御運びください。 






▲top