宇宙暦2.2.2

ギターや車や釣りそしてラーメン
ごちゃ混ぜブログ

<< August 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

2013.04.10 Wednesday

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています


| - | - | - | - | - |
2010.10.28 Thursday

玉川大盛軒@埼玉県比企郡ときがわ町

近畿地方に木枯らし一号が吹いたと言う
なるほど久しぶりの晴れ間なのに肌寒い 
上着を一枚羽織りたくなる陽気になった
晩秋と言うよりは初冬のようだ 
今年はほとんどが無かった様に思う


しかし ラーメンを頂くには丁度良い季節になったのかな
温かい一杯を求め今日は初冬の比企郡へ 
この時期の比企郡の浅い山間は趣があり好きな景色である  ススキの似合う谷津風景である

券売機にて「塩豚骨+大盛り」の食券を購入




◎食べ終えた食器類はご面倒でもカウンターの上にお返しください

と表記
そこにが!




これはチャーシュー麺では無い
随分と豪勢であるが色気の無い麺面である




スープはこんな具合
アブラが多く浮いている 嫌いな筈が無いw

穏やかに鯖と鰹が香る
魚介が最適化されているためかやや「練り物」風に香ってくるのだが
これが「おでん出汁」の様で旨い!



麺がリニューアルされたようだが 相変わらずの個性派
幾分ツルリとした麺になったようで 
それほど旨いと思わないのだが箸が止まらないwww
左脳と右脳で別々の解釈をしているようだ关
大盛りで若干の物足りなさを感じる と言う事はやっぱり旨いのだろう关

スルズルズルの啜り感にニトニトグニッとした食感 ここでしか食えません!




盛り付ける直前にスライサーにて切り出されるチャーシュー
筋張って見えるが柔らかい食感




色は濃いメでも味付けは薄め 醗酵による発色である
麺の食感と対比を成すシャリッはある意味必需品

食している間は前述のように穏やかな「塩豚骨」であると思ったのだが
食べ終えた後に口中が塩ヒリヒリしてくる 結構塩気は強いみたいだ 
脂でうまくマスクしている!


さて 罠の話が未だ済んでいなかった
このお店に慣れている人は着席前に入り口にある
オシボリウォーマーからお絞りを一つゲットし
丼を返却の際にはソイツでカウンターを拭き々しなければならないらしい
その作業を怠ると 退出時の・・・・・・・

アリガトゴザイマシタのロボットボイスがどことなく冷たく聴こえる关



▲top