宇宙暦2.2.2

ギターや車や釣りそしてラーメン
ごちゃ混ぜブログ

<< August 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

2013.04.10 Wednesday

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています


| - | - | - | - | - |
2011.06.12 Sunday

喜八 @富山県富山市

震災復興へ資金を廻す為、高速道路の休日1000円乗り放題が6/19をもって取りやめになる
致し方の無い事でありましょう この制度には随分とお世話になった
利用できるものは最後の最後までしゃぶり尽くす 自分は根っからの貧乏性なのである
で、この制度を利用する最後の機会であろうこの週末 念願の富山行きを友人と決行した!

富山のラーメンといえば「富山ブラック」
ご当地ラーメンの中でも異色を放つこのネーミング果たして地元に密着した感慨深い一杯なのかハタマタ観光客目当てのゲテモノなのか興味は尽きない

お店選びも慎重に行った 富山ブラックをハシゴするには聊か腎臓に自信が無い
「大喜 西町店」、「喜八」と迷ったが決め手は「御飯」がメニューに在るか無いかだった



「御飯」をオーダーできる喜八さんに伺ってみた
もっとも「大喜 西町店」さんも持ち込みという形で富山ブラック&ライスを堪能できる
らしいのだが初めての店にライスを持ち込む勇気はなかった(关)

勿論 クルマにて訪問したわけだが、駐車場は



ホレこの通り! 店舗前に無料合法路上駐車できる
富山という街はとてもおおらかな街であると感心しきりである



富山ブラックラーメン(並)とライスをオーダーした
下段の「越中ラーメン」にも大変心を引かれた 大舞御父!



店舗情報など 

さて、お待ちかねであろうか
ラーメン画像をば



当たり前ながらスープは濃い醤油色 これは富山湾の深く豊かな海を表現しているかのよう



一口頂きますと 確かに喉に塩気が突き刺さるかの様 納得のしょっぱさ!
しかしその裏にはふくよかな煮干と肉の出汁 醤油旨さも十二分に備えている

「御飯」を口に運んでみる
飯旨ぇ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜!
そうだった富山の米は特旨である事を忘れていた

行儀が悪いのは承知でこんな食べ方をしてみる



御飯とラーメンの相性がこれ程良いなんて 丼で飯喰いて〜

飯、麺、汁 麺、汁、飯 肉、飯、麺、汁と一気に喰い上げる

若かりし頃味わった、飯を喰う行為其の物が爽快であった記憶が蘇る
いやはや脱帽である じつに気持ちが晴れるラーメンである



コレもおかず



塩気が強いがコレも美味しいおかず



専用胡椒なども装備されております



自分が富山に引越ししたなら確実に糖尿病になるでしょう!

店のオヤジさんは「お客さんに出したラーメンは本物の60パーセント位のショッパさだよ」
そうアナウンスが入ります フルチューン版も食べてみたいが・・・・
そう言えば最近使われなくなった言葉に
「塩辛い」なんて言葉が在ったのを思い出した 
普段我々が使うのは精々「しょっぱい」止まりですか?
嘗ての日本専売公社の「食塩」は獲り過ぎると確かに健康に悪いらしい
しかしそんなバカ公社も今は無くなり天然塩なる食品も多々出回っている
其方は国策バカ公社純NaCl程気をつけなくて良いと聞き及ぶ

旨さと必要性に裏打ちされた「塩気」も良いものじゃないですか
今回の遠征もまた勉強になりました。



長尾の兵も織田の兵も塩を舐め戦っていた筈!

帰り際「鯖の糠漬け」なる土産を買った
コレもまた塩辛いが飯のおかずに抜群に旨い

ビバ塩と飯 ビバ H・you!







▲top