宇宙暦2.2.2

ギターや車や釣りそしてラーメン
ごちゃ混ぜブログ

<< June 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

2013.04.10 Wednesday

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています


| - | - | - | - | - |
2011.07.30 Saturday

名代十文字中華そば 嶋田屋@埼玉県北葛飾郡松伏町

秋田県横手市 食べ物では横手焼きソバがあまりにも有名である
しかし、横手市にはご当地ラーメンも存在するという
それが十文字中華そば 
現地に赴いての実食は多分叶わないと思う、しかし埼玉県内でその十文字中華そばを提供しているお店がある ご当地ラーメン好きの自分は友人を誘い松伏町へと車を走らせた。

店前に3台分確保された駐車場に車を滑り込ませた
店内では店主らしき人がなにやら作業をしているが暖簾はでていない
開店時間の11時を少し廻っているが暖簾がでていないと少し不安になる
ふとドアに目をやると営業中のドアサインが掛けてあるのに気が付いた
ドアを開け店主さんに「大丈夫ですか?」と声掛けすると
「いらっしゃい どうぞどうぞ!」と 気さくな店主さんのようだ

「今日は未だ麺が秋田から届いていないので焼きソバは出来ないんですよ」そうアナウンスが入ったが狙いはラーメンですので 「ラーメン食べに来たんです」と返事する。





十文字中華そば(500円)をオーダーする



店内には秋田を感じさせるポスターなどが貼られています
つりキチ三平に妙に親近感を覚えます
カレンダーを見ますと8月10日〜8月17日までは夏休みのようです



さて到着いたしました一杯
澄んだスープが印象的です
鰹の香りに煮干の旨み和の食材で纏めているのですがキッチリとラーメンスープとして仕上がっています 動物出汁を使わないと訊いていたので予想ではもろ蕎麦つゆなのかと
 


思っていましたが 見事にラーメンつゆでした
白醤油を使っているというタレは熟成が進んだ醤油の風味を感じさせ
やや甘味を伴ったタレに魚の出汁がよくあう


特徴的なお麩



彩の蒲鉾



押さえ目な醗酵のメンマ そして海苔
魚出汁の中にあって異質の旨みを伝えるチャーシューが二枚

五百円にして五目そばである



細縮れの麺も特徴的で蕎麦の様でも素麺の様でもラーメンの様でもある
このつゆにはとてもよく合う麺だと思う
早く食べないとドンドン延びて食感を失っていく

以前紹介した富山ブラックと違い、コチラのラーメンは小腹が空いた時に頂くのが
正しい?食べ方らしい

朝飯として食べるラーメンあり、目一杯食欲を満たす為のラーメンあり、おやつに頂く一杯ありと、ご当地ラーメンは食文化として実に様々な顔をもつ
人の生活に根付いて鍛え上げられたラーメンにやはり一家言ありますね!

なを本格横手焼きソバもいただけますので 興味のある方は是非足を運んでみては如何でしょうか ご馳走様でした。

住所 埼玉県北葛飾郡松伏町松葉1-7-4
TEL 048-991-1904
営業 11:00~14:00  (土日祝 11:00~15:00 17:00~19:00)
定休 水曜日(祝日の場合営業)
MAP



▲top