宇宙暦2.2.2

ギターや車や釣りそしてラーメン
ごちゃ混ぜブログ

<< September 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

<< ラーメン ちとせ@東京都八王子市 | TOP | すすり家@新潟県十日町市 >>

2013.04.10 Wednesday

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています


| - | - | - | - | - |
2011.01.10 Monday

麺匠 清兵衛@埼玉県川越市

 ラーメンスープに新しい潮流か!

以前からその存在は知っていたが口にするのはお初である
鮮魚出汁のラーメン

川越に旨い鶏塩のラーメンがあると聞きはせ参じたわけだが 
そこで出会ったのは正しく「鮮魚出汁」
お店は「麺匠 清兵衛」さん



券売機にて「味玉鶏塩そば」の食券を購入
お仲間とテーブル席にて丼が到着するのを待つ
テーブルに置かれた能書きを読む



何処の店にもあるようなもっともらしい薀蓄だと思っていた 食べる前は

巨大と言ってもよい信楽風の丼でその一杯は届けられた



味玉の大きさから丼の大きさを察してもらいたい
色味といい盛り付けといい繊細である



黄金色に薄く広がる脂膜
木杓で口に運ぶとやはり繊細な塩気 一瞬物足りなさを感じるが
その後間髪を入れず魚の風味が口一杯に広がる ちょっとビックリする
今まで口にした事の無いラーメンスープだったからだ
鶏を期待していたから余計にそう感じたのだろう
スープの温度が下がるに連れ様々な食材の旨みが舌の上に転がる
お店の能書きは正にトゥルースだった

そして麺も凝っている



僅かに粒子の覗く挽き包みの粉を使用した 中太麺
一般的には薄塩のスープには細麺を合わせ込んでくると思うが
コチラの店主はインサティアブル 中太のモチモチ麺を選んだ
確かに食感と持ち上げなら細麺だが 麺自体の旨みは太目の麺の方が味わいやすい
今回はスープが気になって気になって麺を味わう余裕が無かった自分が恥ずかしい

具がまたとっても凄い! 手間隙かけた仕事を忘れていない



豚肉は薄味ながら豚本来の味を引き出している



肉はもう一枚 蒸し鶏が奢られる これも素材の味を味わえる
味玉は黄身の濃い味が楽しめるし煮筍もメンマと違った食感で面白い
三つ葉で舌を清とさせ、微かな香味の白髪ネギでスープの風味を増している

驚いた事にもう一品 肉の具を用意する 鶏団子である、コレがほんのり生姜が利いて絶品



スープ、麺、具材と全て手抜かり無し
薄にして旨、淡にして旨 全て店主の仕事の賜物でありましょう

手を抜くと寄せ鍋味になってしまいかねない鮮魚スープをこれまでに仕上げてくるとは
近いうちにもう一度味わいたい そんなラーメンでした。

因みに卓上調味料は



柚子胡椒のみ 味を壊すのが怖くて中々入れられませんでしたが 固形物を食べ終わった後
投入してみましたが なるほど!



こんなんでました

ご馳走様でした。

2013.04.10 Wednesday

スポンサーサイト


17:16 | - | - | - | - | - |

コメント

こんばんは。
すごく旨そうなラーメンじゃないですか。
と言っても、これを食べてみたいと思わせるように書くには
経験や知識が必要なんですよねw
早速、BMしました。

さて。イイネ!をいただいたので、リンク貼らせていただきました。よろしくお願いします。

ところで、前から言おうと思っていたお願いが・・。

文字、もう少し大きくならないですか?(笑)
最近、目が悪くなって、メガネを代えて、目を細めないと読めないんですよ(マジ)









2011/01/10 10:23 PM by norizom777
norizom777さん コメントありがとうございます
そして開店おめでとう御座います。

ラーメンの世界に在っては新しい流れの一杯だと思いますので是非味わってみてください
都合が合えばご一緒したいものです

さて、文字の大きさですが 確かに自分でも視難かったので 以前は大きい文字になるよう調整していたのですが ブラウザで文字の大きさの設定を変えてから気にならなくなったので止めてました IEなら 右上の ページ(P)で文字サイズを変えられますよ それとめがねも遠近両用に変えましたW
2011/01/11 7:19 AM by タッカー
おはようございます。

いやはや、恐ろしい一杯でした。
まさに匠の技ですね^^
2011/01/11 7:43 AM by 象
>象さん

濃くてドロドロな一杯も良いのですが コレ頂いてしまうとネ〜〜
2011/01/12 9:46 PM by タッカー

コメントする









この記事のトラックバックURL

http://ncv330.jugem.jp/trackback/54

トラックバック

▲top