宇宙暦2.2.2

ギターや車や釣りそしてラーメン
ごちゃ混ぜブログ

<< August 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

<< 所沢大勝軒@埼玉県所沢市 | TOP | ZUND-BAR@神奈川県厚木市 >>

2013.04.10 Wednesday

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています


| - | - | - | - | - |
2011.09.29 Thursday

TANG-SOL ELECTRON TUBE

先日子供がギターアンプのスイッチをいたずらして 一晩中アンプつけっぱなし
朝起きてアンプの置いてある部屋へ行くと ブ〜〜〜ンとかなり大きいハム音が鳴っている
スワッ やっちまったか イヤ やられちまったか
朝はギターなぞ弾いている時間か無いのでその場はアンプのパワーを切り
何事も無いように祈り仕事に出かけた

帰宅後早速アンプの調子を確かめてみた
真空管が温まると共にブ〜〜ンと大き目のハム
取りあえずギターを鳴らしてみる
音は鳴るがその質はなんとも情けない
サスティーンは途切れ途切れ 歪ませると風邪を引いたババァのように情けない音

さて どうしようか

ネットでググッてみる
コンセントを逆に差し替えてみろ・・・・なるほど!
だめだ!!
そのアンプは死んでいる ・・・・・お話にならない!
手の打ちようは無いのか!!
真空管を取り替えれば直るかも知れない・・・・・何処で買えるんだ?
楽天で探す・・・・素人はパワー管の交換をしてはいけない 楽器屋さんで交換しましょう

八方塞がりか? 楽器屋に修理に出すしかないのか?
4万円で買った中古アンプの修理代が5万円もしたのではバカバカしいぞ

さらに他サイトをググッていたら なんと
調整済みの真空管を売ってくれる真空管専門店があった!!
ヴィンテージサウンドさんヴィンテージサウンドバナー1

早速電話してみる
パワー管とプリ管が寿命という話になった
交換を決断する
その際 好みの音にサウンドチューンしていただけると言う

ストラトのアンプ直の音が綺麗に鳴るような真空管をお願いした
因みにアンプはpeaveyのclassic30
ちょっと年台物でパールが輸入していた頃の物だ



アンプからパワー管を抜く



sovtekというロシア製のものが付いていた



丁寧に梱包してヴィンテージサウンドさんに送る
プレート電圧を真空管側から測定して
その結果に基づいて新真空管をセレクトしてくれる仕組みらしい



二日後真空管が届いた
これはパワー管
楽器屋に頼まないと交換できないと言われているやっかいな代物
しかし ヴィンテージサウンドさんにセレクトしてもらったものは自分で交換してok!



そしてコレがプリ管
音色を左右する代物と言う事だ 素人でスンマセン



実装して音だし

なんと素直な音だ!
オーダーの際に中音を重視したいとも伝えた
ギターアンプだがハイファイな音になった
シットリした大人の音が鳴る 気に入りました!

そして歪ませても心地よい音がでる 

エフェクターや各コントロールノブもハッキリと調度なりの変化がある
今まではコレが非常に暖味だった
エフェクターでreverbをかけ更にアンプでもreverb onという感じだったのだが
エフェクター側だけで希望の音になった

こうなると欲が出てくるものだ
次回はもうちょっと低音にメリハリのある真空管がないか相談してみよう





2013.04.10 Wednesday

スポンサーサイト


17:52 | - | - | - | - | - |

コメント

壊れたから捨ててしまう時代はもう終わったのかもしれませんネ 個人的には良い物を長く使うというスタイルでやってきたつもりですが、最近はあまり良い物が購入できません いまはコンデンサの交換が出来るようになりたいナ と、思っています。
2011/10/04 7:41 PM by タッカー

コメントする









この記事のトラックバックURL

http://ncv330.jugem.jp/trackback/71

トラックバック

▲top